外注ホームページの制作期間

小規模サイトでも時間がかかる

ホームページ作りとは個人の場合であれば、ある程度頭の中でイメージを完成させた上で作り始めれば即日で完成させる事も可能です。また、病院・幼稚園など総ページ数が少なくて済む個人以外のホームページについてもネット担当スタッフが制作するのではあれば数日で十分作れます。ただし、外注する場合はまず業者に問い合わせてから見積もり作業が行われ、双方が納得して初めて契約が成立します。そして、制作前にヒアリングやCMSの選定などの作業が行われ、その後で作業開始となるため数日程度では完成しません。さらに、業者がすぐに作業に入れる場合は契約成立から1週間程度で完成する可能性もあるものの、手が空いてなければ1か月以上かかる恐れもあります。そのため、早期の完成を求める場合はすぐに制作に入れるかどうかも確認しなければなりません。

大規模サイトの制作は相当時間がかかる

総ページ数が少なくて済む業種の場合は、業者がすぐに着工できるようであれば短期間で作り上げてもらえる可能性があります。一方、作らないといけないページが多い大企業HPや、情報サイトとして発展させていく予定の中小企業による大規模HPなどは、そんなにすぐには完成しません。まず制作前に業者との面談を重ねながら煮詰めていかなくてはならない点があるほか、制作に入ってからも例えば1000ページ作るとなると制作に相当な時間を要します。そのため1か月程度ではなかなか完成する事はなく、3ケ月くらいはかかると見込んでおかねばなりません。さらに、やり直しなどが生じると6ヶ月前後の期間がかかる恐れもあるため、早く公開したい場合は発注前にサイトの設計図を完成させておく必要があります。